忍者ブログ
[37] [36] [35] [34] [32] [31] [30] [29] [28] [27
Posted by - 2017.12.14,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by anoi - 2015.10.31,Sat
『流転』
仏教で、生死・因果が輪廻(りんね)して、きわまりがないこと。
一般に、一つの状態にとどまらず、移り変わって行くこと。


『徒花』
咲いても実を結ばない花

参考goo辞書



ネタバレは収納しております!




つまりそういう事だったのだ・・・
何度でも生まれ、封印を繰り返す、実を結ばない花。

ついに実装となりました。深遠なる闇戦こと『世界を壊す流転の徒花』
長年冒険を共にした自キャラがこういう展開を迎えるとは・・・感無量です。

ソロ戦で自キャラが出て来た時は鳥肌。
しかしあれ、プレイヤー視点が【仮面】らしいですね。
深遠なる闇の意識に抗っている【仮面】の精神世界を表しているのだとか。
つまり、自らあの即死攻撃をキャンセル、そしてダウンさせたと言うことに・・
攻撃のキャンセルに成功するとコアが露出しますが、あそこに、居るんですよね。
居るというか、素体となった象徴として残っているだけかなぁ。
多分もうあれ自体に意識は無いですよね。
ヴェイル体の時点で姿は飲み込まれてしまっていたし。
そもそもDFとなった時点で人としての肉体はなく、フォトンの塊?に
なっているはずだし。

なんにせよ 演出大絶賛ですな・・・!!

そしてその後のシャオくんの話。
深遠の力が弱まったその隙をついて、【仮面】は深遠と共に深遠が復活する直前まで
時間遡行で戻ったとか。それってつまり無限ループ・・・
遡行をした【仮面】自身の記憶はそのままだよね・・いつか精神も【仮面】と
しての力も刷りきれそうなんですが・・・!
アークス達が完全に深遠を倒す方法を見つける、またはそれだけの力を付けるまで、
抑え込み続けるつもりなんだろうな。ずっと戦い続けるんや・・
・・・ペルソナァァァァアアアアアア!!!!!!!あんた男前過ぎるやろぉぉぉおおおおおおお!!!!!!
そして辛い・・・・・!!!!自分のキャラと同じ存在なのがさらに辛さをかき立てる・・・!!!!

いつか、完全に深遠を倒し切り、【仮面】を解放出来る話が来ますように・・!!(切実)

EP2の最後から始まった【仮面】の話。
キャラメイク系の主人公でここまで見せてくれるとは、正直思ってなかった。
ツイッターでも呟いたけど、これがごく普通のRPGで固定主人公なら、
きっとここまでの感動は無かっただろう。
また【仮面】は、自キャラとは別の意識を持つけれど、存在は同じと言う
位置づけもあってだろうな。
 
固定主人公だと、主人公も【仮面】も完全にプレイヤーとはかけ離れて考えそうで、
感情移入しにくく、こういう話はイマイチだったかも。正直ありがちな話でもあるしw
また、キャラメイク系の主人公でも、もしオンラインじゃなかったら、それも
見た目が違うだけで感情移入はイマイチだったかもしない。

自キャラがプレイヤー同士認識しあうアバターになるオンラインだからこそだと思った。
いやー最高のうちの子ゲーだよ!w
  

ストーリー中、私のキャラじゃこういう行動が合わないーって意見も聞いたけど、
あくまでプレイヤーキャラはアークスだって設定を忘れていなければ、どんなに
ロリキャラであれ、正義感ある王道な行動は、主人公としては違和感ないと思うのです。
別に個人設定があったとしても、そこはゲーム慣れしていれば、
ストーリーを見る為の媒体と割り切れるでしょ。
マトイから、大切な人、大好きな人と言われるけど、別に恋愛感情だけがそうじゃないよね?
むしろ私は、男性キャラだったとしても、これは恋愛感情より家族愛的な・・
そんな感じが強い気がするなー。最初の最初で”懐いてる”とも言われたしw


  
”ストーリー”に感動して絵を描いたのも久しぶりだ・・
ありがとう【仮面】、ありがとうマイアークス、hildr
 
 
ーーーー「泣くな、笑え」

これ、プレイヤーに向かっても言っているように感じた・・・
PR
紹介
管理人:anoi  MH、PSO2、その他主にゲーム用ブログです。創作も時折扱います。リンクはツイッターフォロワーの方はご自由に。ただ、後でも良いので報告をくださるとありがたいです。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]